ねじれ無き国会で一体どうやって法案を止めるの?

反日は安倍晋三。安倍晋三こそ反日売国奴。相変わらず「野党ガー!」などと見当違いなことを叫んでいる頓珍漢な人たちがいるようだが、要は安倍晋三が売国をやめれば済む話である。「移民政策反対!消費増税反対!安倍政権支持!」という間違った政治姿勢・投票行動を続ければ、嫌韓嫌中の人たちが望んでいる日本の姿とは真逆といってもいいような「グローバルな」日本が実現することでしょう。

ねじれという抑止力が存在しない国会において、大嘘つき安倍晋三を引きずり降ろし腐敗安倍自公政権に終止符を打つことなく、一体どうやって法案を止めるのでしょう?
nejire-kokkai_kaishou_saninsen20130721_abe-seiken
自公過半数 ねじれ解消 参院選 2013年7月21日

個別の法案法律に反対しても安倍政権支持のままでは内閣支持率が落ちにくいゆえ安倍晋三の求心力は低下せず、その結果、安倍政権のやりたい放題が続き売国法案を止めるのが困難な状況も変わらない。衆参ともに議席数で与党が優位の捩じれ無き国会においては数の力で押しきられてしまうので、各論反対総論賛成的な姿勢で売国法案を止めるのは難しい。外国人の受け入れを急速に進めているのは、国を開くことが政治家となって以来の一貫した哲学である安倍晋三が率いる安倍自公政権。そんな安倍政権を各論反対総論賛成的な姿勢で支持していれば、外国人受け入れがさらに進むのは自明の理。安倍政権を支持することは外国人受け入れに賛成するのと同じである。
..

広告